企業分析ナレッジ

反転守勢に転じた アウトソーシング 

Facebook
X
Email
Print
目次

人材派遣業で売上急増の株式会社アウトソーシング。2013から2022年12月期までの売上高は500億円弱から7,000億円に9年間で14倍です。M&Aを成長戦略に据えていましたが2022年反転守勢に転じました。

経営を俯瞰する アウトソーシング

株式会社アウトソーシングの2013~2022年12月期までの10年間の連結財務諸表を分析しました。

企業力総合評価は増収に反して右肩下がりになっています。営業効率・資本効率など儲けを示す指標が右肩下がりな上、生産効率が底値、資産効率も悪化トレンドで流動性・安全性は振るいません。

生産効率の問題 アウトソーシング

生産効率は1人当たり売上高等の指標を統合しています。人材派遣業の場合、派遣される人は株式会社アウトソーシングに雇用され、従業員となります。生産効率は底値ですが、あまりに悪く、従業員数の正確な開示はなされていない可能性があります。1人当たり売上高は2013年2,859千円、かなり改善した2022年で5,326千円です。固定資産がいらない人材派遣業が「効率性」を高めようとすれば、モノではなくヒトのはずです。従業者数の開示に疑義があることを含め、問題があると感じます。

営業効率は悪化トレンド アウトソーシング

営業効率各下位の財務指標を示します。売上高は9年間で500億円弱から7,000億円に急増していますが、売上高総利益率は2022年まで6期連続悪化しています。売上高は急増しましたが、儲からなくなっています。

総資産の膨らみはのれん アウトソーシング

売上高・総資産・従業員数が増加しています。2013~2022年の間に3社→4社→10社→7社→5社→11社→2社→6社→40社→0社とM&Aで買収しています。それにつれて、のれんなどの無形固定資産も急増し2022年には総資産の34%を占めるようになりました。また、2015年からIFRSを採用しており償却していません。1,339億円ののれん等を営業利益で割ったら6.1年です。償却すれば6年超の営業利益が吹き飛ぶほど膨れ上がってしまいました。モノが必要なくて効率化が不要ではなく、モノ(無形ですが)が膨張しすぎて効率的とは言えません。
のれんを抽出したBSバランスを見ると一目瞭然です。

「反転守勢に転じた」はウクライナ戦争になぞらえていますが、のれんの膨張を反省したのか2022年にM&Aをストップさせているためです。

まとめ

もうそろそろ企業は資産の膨張を気にしてほしいものです。個人にとって資産が沢山あればお金持ちでハッピーかもしれませんが、資産は未来の費用のカタマリでしかなく、うまく運用して利益を出していかないとツケを未来に回しているだけなのです。

編集後記 吉本新喜劇を見てきました。2時間笑いっぱなし。これでもかこれでもかというほど笑わせます。真面目に固まっていても面白くありませんね。    (^_-)-☆ 文責JY

〒541-0052 大阪市中央区安土町1-6-19 プロパレス安土町ビル7階D号 株式会社 SPLENDID21

tel 06-6264-4626 ✉ info@sp-21.co.jp     https://sp-21.com

このサイトをご覧になられ、財務分析やそれを超えて経営診断スキルアップをご検討の方は「ビジネス即戦力の財務分析講座(初級・中級・上級)」「M&A戦略立案のための財務分析講座」をご受講下さい。
ご案内はここをクリックして下さい。

SPLENDID21NEWS第212号【2023年7月15日発行】としてA3用紙でご覧になりたい方は下記をクリックしてください。

SPLENDID21NEWS第212号アウトソーシング

2023年7月25日火曜日20:00~Zoom解説会を行います。(今回はいつもと開始時間が異なりますのでご注意ください)

参加無料、どなたでもご参加いただけます。

説明・お申込みはこちらから

Facebook
X
Email
Print
Picture of 企業評価・経営者評価のスペシャリスト 山本純子
企業評価・経営者評価のスペシャリスト 山本純子
株式会社SPLENDID21 代表取締役。 多変量解析企業力総合評価「SPLENDID21」というシステムにより、通常の財務分析ではできなかった経営全体を「見える化」するシステムを提供。 近年では様々な企業が本手法を利用して莫大なデータより有用な情報を引き出し、実際の経営に役立てています。 代表者プロフィールはこちら
Picture of 企業評価・経営者評価のスペシャリスト 山本純子
企業評価・経営者評価のスペシャリスト 山本純子
株式会社SPLENDID21 代表取締役。 多変量解析企業力総合評価「SPLENDID21」というシステムにより、通常の財務分析ではできなかった経営全体を「見える化」するシステムを提供。 近年では様々な企業が本手法を利用して莫大なデータより有用な情報を引き出し、実際の経営に役立てています。 代表者プロフィールはこちら
関連記事

今回は、「一人あたり売上高」や「一人あたり総利益」といった“生産効率”と呼ばれる財務指標カテゴリに着目した記事です。生産効率の悪化は給与アップができていないことを意味しますので、人材獲得合戦の時代には見過ごすことができま […]

紅麹製品で健康被害に揺れる小林製薬株式会社。ありそうで無かった製品をわかりやすいネーミングで販売しています。日本人なら多くの方が愛用者となっているのではないでしょうか。 小林製薬の経営状況を俯瞰する 小林製薬株式会社の2 […]

新着記事
カテゴリーで探す
目次